毎日の愛車の掃除からつい昔の思い出が蘇って来ることがあります

今朝駐車場へ車を取りに出かけました。車を置くために近くの駐車場を借りているのですが、冬の季節になるとフロントガラスが凍ってしまい、その氷を解かして除去する作業がひと苦労です。屋根のない駐車場なので初冬の時期には、夜露による水滴の除去も大変手のかかる作業なのです。車全体が夜露でびっしょり濡れておりそれらを拭き取って運転できるまでには相当な時間が必要なのです。窓ガラスはもちろんのこと、ルーフや車体全体の水滴を拭き取らないと走っても水滴がフロントガラスに流れ落ちてきたりして安全運転に支障をきたすのです。
現在仕事をしていない私にとっては時間が余り過ぎるくらいありますので毎朝車の掃除をしていますがこの時期は特に手が掛かります。あまり気にせずそのままにしておけば自然に乾いてしまうのでしょうが、私の性格からはどうしてもそのままにしておくことは出来ないのです。したがって毎日の車を掃除することが日課となってしまっています。これまで車との付き合いは免許証を取ってから49年間になります。初めて運転した車は当時青果市場でアルバイトをしていましたので三輪タイプのトラックでした。今では全く姿をみることはありませんが青果物を沢山積めてしかも狭い道でも小回りが出来て非常に便利な運送車両であったと今でも思っています。その後は自家用車としてスバル360という軽自動車を中古で購入して乗り回したものです。現在と違って自動車の数はまだまだ少なく私の住んでいる地方では高速道もない時代だったのでどこへ出掛けるのも大変時間が掛かった記憶があります。私などはそのスバル360の中古車で九州の長崎まで行ったことがありました。九州の長崎街道ではついにオーバーヒートで動けなくなってしまい大変な苦労をしたことは今では懐かしい思い出となっています。その時から数えて車も10台目となっています。
現在の高速自動車道の発達や車のいろんな装備の充実や安全対策等々と、車の掃除をしながらふっと昔と比べてはいろいろと思い出しては懐かしんでいます。現在の車の発達や進歩には本当に驚かされるとともに、私自身も車との生活を十二分に楽しんでいる今日この頃なのであります。

ふと遠出の移動に、ミュージアムに行ってきました。

そういえば最近いまひとつ遠出してないかも、と思ったのが、リーズナブル後週間くらいの要素だったと思います。
多分中でも目的も無く、近距離ならひとまず遠出してもなあと思いながら、同僚と話していたら、思いがけずミュージアムの特典券をもらいました。
同僚ももらったそうなんですが、どうも実態がつかず紙きれに陥るらだったとか。ならばとうれしく頂き、横の市のミュージアムへとくりだしたわけです。
横の市とはいえ、私のいる地点とは真反駁の先から先になるので、単なる小周遊感覚で行ってきました。ミュージアムなんて久方振り!この美術や因習の居残る場所の、りんと澄んだ情勢がたまりません。常設公表をなめるように見て、ついでに追加でいくらか払ってVIP公表もぐっすり楽しんできました。ぼくは基本的に現代アートの良さが一心にわからず…今回の拝観は「どこにアート性を推し量ればいいのか?」をコンセプトに回っていたような意思もする。
帰りに間近で名物のアイスクリームを買い、ちょい特別な感覚で帰路につきました。
そういった一年中も、たまには嬉しいものですね。アコム 返済

空き家対策の中で見られる地域の未来について

日本の過疎地域に限らず現在は大都市でも空き家が目立つようになってきて、外国からもその動向に注目が集まっています。実家の周りには税金面を考慮した上で一旦更地にして、駐車場として利活用する動きが年々増えてきています。親戚や身内による土地の格安や無償の譲渡を期待する田舎特有の風習を避けるためにも、望ましい選択肢と言えるでしょう。

また、アーテイスト関連の若い人たちが引っ越してきて芸術活動をしている地域もあります。アートは実際に外国では観光産業の重要な柱のひとつであり、即効性のある集客はすぐに見込めないものの地域の活性化にも繋がります。空きや対策で成功している尾道や鳥取市の西部の例では、行政と民間の地域活性化に対して意欲ある団体との間の連携がうまく取れています。

定期的にイベントを打って移住者の存在を知らせて活動内容をPRすることによって、地域に溶け込むための仕組みを作り上げています。移住者と地域の住民の間の相互理解には欠かせませんが、成功事例を視察していいところを取り入れていくのも空きや家対策の明るい未来に繋がります。デリケートゾーン 自己処理

いままでの自分の怠けっぷりに痛さを感じる

いままでいろいろな失敗をしてきたような気がしますが、いちばんの失敗というのは、根本的に自分に甘いということだと思っています。
逆に自分をじゅうぶん厳しく律してコントロールできている人なんて、ほんの一握りでしょう。
それにしても、自分の怠慢をいとも簡単に許してしまうし、結果がでないことに対して諦めるのが早いです。
昔ながらの言い方をするならば、根性が座っていないとか、忍耐がないとか、そんな風に言うのかもしれません。
とにかく、自分で自分に追い込みをかけることが出来ないというが、致命的な弱点だと思っています。
あまり過去のことをひっくり返してあれこれ考えるというのも好きではないのですが、いろいろと思うところはあったりします。
あのとき、何で粘らずに簡単に諦めてしまったんだろうと考えると、自分の甘さにずきずきと痛みを感じます。
子どもの頃や若い頃には、いろいろと逃げ道というのもあったが、年を取るにつれて逃げ道はどんどん少なくなってくるような感じがします。
多少の苦労をしても、いろいろな道を知っておいた方がいいのだと、いまさらになって思ったりしています。

あまりお金と時間をかけないで年賀状をつくりたい

新年のご挨拶として古くからの慣習である年賀状。
最近はメールやSNSで済ませることも多いけれど、特に社会に出ている方ならまだまだ書く機会があるのではないでしょうか。

どうせ出すなら元旦に届くようにしたい。
かといって時間もないし、年賀はがき以外はあまり出費したくない。

そんな私はフリーソフトで年賀状のデザインを作成、出力しています。
パソコンとプリンターが自宅にあればできます。
私は郵便局が毎年提供している「はがきデザインキット」をインターネット上でダウンロードしています。
パソコン操作に抵抗がない方であれば時間もそこまでかからないと思います。

「年賀状 無料」でネット検索をすると無料のテンプレートがたくさん出てきますが、このはがきデザインキットの良いところをさっと挙げると、
・テンプレートやアイコンの種類が豊富で、デザインキット上で加工操作と印刷ができる
・通信面の絵柄だけでなく宛名面もレイアウト印刷できる
・住所録を登録できる(次年度は前年度のものがベースで保存されている)
といったところでしょうか。

パソコンで年賀状を自作したいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

休日の過ごし方でおすすめの博物館の利活用

日本には各自治体や私立運営の博物館が全国各地に点在していて、どこもたいてい専門知識を擁する学芸員の先生が在籍しています。地域同様にどの家にもいろんな歴史やドラマがあるので、休日ちょっと過去を紐解いてみるのもいいかもしれません。

先祖の事を調べるのは面白く、いろんな繋がりや何を大切にして来た家庭なのかを知ることができます。特にヒントを得るのに効果的なのはお寺のご住職で、博物館や図書館に行って頂いたキーワードを元に参考文献を引っ張ってみると意外な事が解ったりします。

面白いことに今まで転勤したところや引っ越した地域の中でとりわけ仕事の成果が現れたところが、随分と昔先祖が活躍した土地だと言うのが偶然ではないことに驚かされます。ひとつ気を付けておきたい点は自分だけでなくどの家庭にも現在を含めていい時代があるので、人前で話すと自慢話に聞こえ誤解を招きやすいです。

そこで、博物館の学芸員の先生は過去の歴史認証に基づいた資料を読まれていて、中には先祖の功績に加え失敗談なども教えてくれる人もおられますので、自身のこれからの人生の指針にも繋がります。そんなこともあって、休日博物館を利活用するのはいろんな意味で役に立ちます。

そんなにいろいろな家電、いったいどこに置くの?

今は便利家電がたくさん売られていますよね。
働いていて忙しい方などは、便利家電でうまく仕事を家事を両立しているなんて方も多いかと思います。
ただ・・・そんなにたくさんの家電、どのように家の中に置いていらっしゃるのかちょっと疑問です。
ものすごく広いお宅で、収納場所がたくさんあったり、キッチンも家電を置く場所がいっぱいあって特に置き場所に困ってはいないのかもしれません。
我が家は家の中もキッチンも狭く、とてもじゃないけどたくさんの家電は置ききれません。
実家にいたころ、狭い家なのに母親が無駄に家電を買い込み、収納に難儀していた経験があります。
トースターも出しっぱしにできなくて、使う度にカバー掛けて高い食器棚の上に片付けて・・・。
うちの母親、あんなことよく毎日のようにやっていたなあと呆れるばかりです。
そんなトラウマもあってか、私はトースター買ってません。置く場所ないですし。
かつて夫が所有していたコーヒーメーカーも邪魔なので撤去。ハンドドリップで珈琲淹れてます。
お湯は毎回ヤカンで沸かし、食器は手で洗ってふきんで拭いて・・・。
便利家電の収納に難儀するぐらいなら、自分で体動かしてやっちゃったほうが気が楽なんです。http://www.protoexpress.co/

夫婦仲良くてもお互いにプライバシーが存在する

夫婦といえども、お互いに秘密を持っていたりするのだろう…
言えないこと、知られたくないこと、それぞれプライバシーは存在するものだという考えが私の旦那です。
今までスマホのロックを設定していなかったのに、気がついたらロック設定してた。
もうその時点で怪しい。
そういえば、最近やたらラインを誰かとやっている。
職場、友達のグループだというけど、まあ、言い訳して逆ギレするのが旦那。
どうせ、どっかのオンナだろうとしか思えない。
友達と会うと言って出かけるときも本当に友達だかなんだかわからないし。
かと言って、夫婦仲が悪いわけではなく、普通に会話はあるし一緒に出かけたりもする。
家庭、私では満たされないなにかを求めて外でってかんじなのかしら?
家族という存在になってしまっているので、今さらラブラブなんて考えられないし。
私もそうかな…
やっぱり夫婦といえども、平凡すぎる毎日じゃ物足りなくなってしまうのかもしれません。
私はあの彼に出会ってからは若い頃のようなドキドキや嬉しさ、寂しさ、いろいろな感情を取り戻せたような気がします。

ひたすらダラダラしていた休日。時間の無駄使いのようだが、私にとっては最高のリフレッシュ!

今日は何もしなかった一日だった。
朝は7時に一度めざめたあと、もう一度寝た。
休日の特権である。非常に幸せだった。
結局起床したのは11時頃だった。
お腹が空いていたので、適当にご飯を食べた。
こういう時間に食べるご飯は、何ご飯になるのだろう。
起きたはいいものの、今日は何も予定がない。
もう一度寝ようかと思ったけど、今日は結構蒸し暑かった。
なのでまたベッドに入る気にはなれず、
すこし家事をこなした。ほんのすこしだけ。
そこから後は、ずーっとだらだらしていた。本当にずーっと。
パジャマから着替えもしなかった。
髪は当然ぼさぼさ。顔は一応洗った。一応ね。
ゴロンとしながらテレビを見てたけど、
ぼーっと見ていただけだったので、頭には全然入ってこなかった。
だから何を見ていたのか今思い出そうと思っても、思い出せない。
記憶に残らない時間の過ごし方だった。
しかし、私はこういう休日が大好きだ。
特にこれからの季節は暑くなってくる。
私は暑いのが苦手なので、こうやって家にこもっているのが丁度いいのだ。黒ずみ クリーム 市販 デリケート

ハフハフずるずるの今日の美味しいお一人様ランチ

お昼ごはんはいつも家で一人で済ませるので、簡単に残り物を片づけます。
前日の残り物の玉ねぎ・絹さや・エリンギ・メカブ・卵・ネギで作った、かき玉スーラースープがありました。
3パックセットで買った味付けメカブが1パック余って、冷蔵庫の中で鎮座したままだったので、使い切りたいなぁと思って作ったスープです。
これまた冷蔵庫で半端に余って待機したままだった、ゆず茶を味付けの一部に使いました。
中華だしと、白だし、お酢少々、豆板醤、塩コショウで、残りの味付けをし、ゆずの香りのするサッパリだけど甘みのあるスパイシーなスープに仕上がりました。
メカブとゆず茶を使い切って、冷蔵庫整理もできてスッキリです。

そのスープを使って一人ランチを作ります。
朝ごはんの残りの白米と、冷蔵庫の中にゆでうどんがありました。
白米を使っておじやにするか・・・うどんを使って煮込みうどんにするか・・・?
麺の気分になったので、うどんを使いました。
スープの味付けのままだと少し薄いので、塩コショウとめんつゆを少々足して、ぐつぐつ土鍋で煮込みました。
仕上げにネギをわさっと追加して、いただきまーす!
お一人様なので遠慮なくハフハフずるずる・・・おいしゅうございました。
ごちそうさまでした!