1年半かけて、自分の中の薄曇りが晴れてきました

ここ数年、自分のネガティブさで自分自身を傷つける結果を招いており、辟易していました。
それはここ数年・・・・のはずでした。
が、最近は自分の中の色眼鏡を外すことができたのか、実は出産を契機に10年以上は薄曇り基調だったことに気づきました。
長いです。勿体ないです、この時間。
でも、これらのことに気づくことができたのも、何か意味があるのでしょう。今後の私にとっては。
昨年度から完全無職で(派遣もパートもせず)、必然的に”自分第一”になる時間が圧倒的に増えました。
すると、目の前の子供たちと一緒の時間も楽しめるようになりました。
「今しかない」時間を大事に感じるようになりました。
よく、忙しいからこそ時間を大事に使える・・・という考え方もあると思いますが、
私の場合は、ゆったりしてこそ大事な時間が増えました。
効率性を重視するあまり、些末に見えてしまった日々や時間のことを、蔑ろにしていたのかもしれませんね。
・・・私は、あとどれくらい生きるのでしょう。
その間、家族の為にどんなことができるのでしょう。顔脱毛 脱毛ラボ