空き家対策の中で見られる地域の未来について

日本の過疎地域に限らず現在は大都市でも空き家が目立つようになってきて、外国からもその動向に注目が集まっています。実家の周りには税金面を考慮した上で一旦更地にして、駐車場として利活用する動きが年々増えてきています。親戚や身内による土地の格安や無償の譲渡を期待する田舎特有の風習を避けるためにも、望ましい選択肢と言えるでしょう。

また、アーテイスト関連の若い人たちが引っ越してきて芸術活動をしている地域もあります。アートは実際に外国では観光産業の重要な柱のひとつであり、即効性のある集客はすぐに見込めないものの地域の活性化にも繋がります。空きや対策で成功している尾道や鳥取市の西部の例では、行政と民間の地域活性化に対して意欲ある団体との間の連携がうまく取れています。

定期的にイベントを打って移住者の存在を知らせて活動内容をPRすることによって、地域に溶け込むための仕組みを作り上げています。移住者と地域の住民の間の相互理解には欠かせませんが、成功事例を視察していいところを取り入れていくのも空きや家対策の明るい未来に繋がります。デリケートゾーン 自己処理