太古代のワールドと地球最古のライフについて学習

地球などについて修練をしました。礫岩の位置づけは陸上での侵食と海での堆積反映を示しています。水中での噴火を意味する枕状溶岩も、38億時期前に既に海が存在していた場合の証拠だ。また、礫岩などの堆積岩と玄武岩品質の枕状溶岩という着こなしは、現在の海溝最寄りで行き渡る雑貨とよく似ています。褶曲や逆断層がたくさん認められ、著しい締めつけの勢いが加わっていた箇所もよく均一します。おそらく38億時期前には、プレートの動きがはじまっていてプレートの沈み込むロケーションとしての海溝が存在していました。太古代の大気および海水には、酸素がぜんぜん含まれていない海水中でのみ生息できるものであったでしょう。生物としての外形を記したひときわ古い化石は、西オーストラリアの安定部分会合から発見された35億時期前の雑菌の化石だ。これは層状の堆積岩(図形)の中に、長さ値十μmのフィラメント状の化石として産し、現在行方始める雑菌とよく似た方法を持ちます。まったく勉強になりました。